ギター音楽専門のアナログレコード/CD/DVD/書籍等を扱うWEBショップです。

売れてます!!完全限定プレス!ギンガの記念碑的ギター代表作が、遂に初アナログ化!【新品LP】Guinga / Roendopinho

高音質ファンに絶大な人気を誇る「Khiov シリーズ」からリーリトナーの1993年名作がLP化!お早めに!【新品LP】Lee Ritenour / Wes Bound

後期グラントグリーンの未発表ライヴ音源!RSD限定2枚組LPが入荷!お早めに!【新品LP】Grant Green / Slick!- Live at Oil Can Harry's

各方面で大絶賛!遂に現る未来のギターヒーロー、トムミッシュの記念すべきデビュー作の初回限定盤!お早めに!【新品LP】Tom Misch / Geography

ラティーナのブラジルディスク大賞2018にも選出された、現代ブラジルを代表する若きギタリスト2人によるギターデュオ傑作!【新品CD】Daniel Santiago & Pedro Martins / Simbiose

ブラジルを代表するギターの2大巨匠パウロベリナッチとマルコペレイラによる夢の共演盤!【新品CD】Paulo Bellinati & Marco Pereira / Xodos

メアリーハルヴァーソンとビルフリゼールのギターデュオによるジョニースミス・トリビュート作品!【新品CD】Mary Halvorson With Bill Frisell / Maid With The Flaxen Hair

※PayPalの場合は、送料を含む合計を別途メールいたしますので、お支払いはもうしばらくお待ちください。「購入する」をクリック後、「お支払い手続き」はお待ちください。

HomeRecord - Rock > E-G現代ロックギター界最高峰エリックゲイルズの2017年作がアナログ盤で入荷!■Eric Gales / Middle Of The Road

Home

商品詳細

現代ロックギター界最高峰エリックゲイルズの2017年作がアナログ盤で入荷!■Eric Gales / Middle Of The Road[Provogue / PRD75181]

販売価格: 2,800円 (税込)
[在庫1]
数量:
▶発送/お支払方法 ▶コンディション表記
▶アクセサリー販売はじめました
ビニールカバー/内袋/スリーブ等、全て"1枚"から販売しております。レコードの購入とご一緒に是非ご利用ください。
■新品/輸入盤/180g重量盤。
■盤質/ジャケット:S 未開封品。

★ ブルースが欲しいのかい?
「残念だが、何かから自由になるという経験を味わうことがなければダメだね」そうエリック・ゲイルズは語りこう続ける。「今俺は、これまでの人生で最高に自由な気分を味わっている。子供の頃よりもずっとね。しっかりしなきゃダメなんだ。自分で自分を支えられるようになれば、他の人も支えることができるのさ」

★ ジョー・ボナマッサが「間違いなく、世界最高のギタリストの一人」と語り、デイヴ・ナヴァロも「何故エリック・ゲイルズがロック・ギター界最大のビック・ネームじゃないのかは本当に謎だ」と首を傾げ、カルロス・サンタナも「彼は驚くほど素晴らしいよ」と声を上げた、メンフィス出身のブルース・ギタリスト、エリック・ゲイルズ(Eric Gales)。子供の頃から天才ギタリストとして注目を集めていた彼は、 1991年、16歳でエレクトラと契約。その後10数枚のアルバムを発表し、いくつかのコラボレーションやセッション参加をしてきた彼が、通算15作目となる最新スタジオ・アルバム『MIDDLE OF THE ROAD (ミドル・オブ・ザ・ロード)』をリリースする。

★ 本作のプロデュースを手掛けるのは、スティーヴ・ルカサー、スティーヴ・ヴァイ、ジョー・ボナマッサ、ビリー・ギボンズなど、数々のギタリスト達のアルバムを手掛けてきたファブリツィオ・グロッシー(Fabrizio Grossi)。何でもファブリツィオは15年ほど前に、ジョージ・クリントン&ザPファンクのプロジェクトでエリックと仕事をして以来、彼のファンだったという。

★ 最新作のタイトル『MIDDLE OF THE ROAD』は、エリック曰く、アルバム全編を流れるテーマでもあるという。「このアルバムは、完全に集中して、道の真ん中を進めってことなんだ。端に寄りすぎて、砂利道を歩くのも良くないし、中央分離帯に乗り上げてしまうのも、また良くない。だから道の真ん中を行くのがベストなのさ」

★ そうエリックが語るのも、彼自身が道をやや踏み外した経験を持っているからだ。2009年、ドラッグと武器の不法所持の罪でシェルビー矯正センターに収監されていた彼はそこで、看守や守衛たちに「ここなお前のいるべき場所じゃない。ここから出たら、この難局を乗り越えて突き進むんだ」と言われたという。実際彼が完全に立ち直るまで、そこからまた数年掛ったそうだが、今現在、彼は新たに生まれ変わり、市長の前やフェスティヴァルで演奏し、“ジョニー・キャッシュのウォーク・ザ・ライン”のエリック・ゲイルズ・ヴァージョンを歩んでいるのだ。

★ 本作『MIDDLE OF THE ROAD』には、見事は復活を遂げたエリック・ゲイルズの姿が余すところなく表現されている。自分自身を掘り下げたパーソナルで内省的な作品であり、自伝的なテーマは、まるで彼の歩んできた道を一緒に辿っているかのような気にさせてくれる。そのアルバムの中で、彼は未だかつてないほど自分を曝け出し、そして自由にのびのびとギターを弾きまくっている。更に、そんな彼を、兄弟たち、そしてゲイリー・クラークJr.といった面々がサポートしているのだ。

★ 「このアルバムを聴けば、俺の言う“世界が知ることになるだろう”の意味が分かると思う。これは、今まで行ったことのない場所や、行きたかった場所へと誘ってくれるアルバムなんだ」
――エリック・ゲイルズ

A1 Good Time
A2 Change In Me (The Rebirth)
A3 Boogie Man
Featuring – Gary Clark Jr.
A4 Been So Long
A5 Help Yourself
Featuring – Christone "Kingfish" Ingram
A6 I've Been Deceived
B1 Carry Yourself
B2 Repetition
Featuring – Eugene Gales
B3 Help Me Let Go
B4 I Don't Know
B5 Swamp