追悼 ジョン・アバークロンビー特集

ECM三大ギタリストの一人、ジョン・アバークロンビーさんが、2017年8月22日に亡くなられたということで、急遽「追悼 ジョン・アバークロンビー特集」を開催中です。

ジムホールを父とし、ラリーコリエルとジョンマクラフリンを母とする「現代ジャズギター」の典型的スタイルを早い時期から確立した。若い頃は、チャックベリーやエルヴィスプレスリーを聴いて育ち、13歳でギターを始めてからは、ウェスモンゴメリーとジムホールに最も強い影響を受けている。バークリー卒業後、プロとしての初レコーディングは、オルガン奏者のジョニーハモンドスミスのグループで、その後、ロックグループDreamsやビリーコブハムのバンド、ギルエバンス・オーケストラにも参加。そして1970年代初めに、ECMのプロデューサー、マンフレッドアイヒャーと出会い、数多くのリーダー作を残し、ECMをギター王国へと導くとともに、現代ジャズギターの基盤を作り上げた。

R.I.P. John Abercrombie(1944年12月16日 - 2017年8月22日)



今回は、そのジョン・アバークロンビーのリーダー作はもちろん、デュオ作品やサイドマンとしての作品等、知る人ぞ知るレア盤から定番名盤まで、LP/CD/DVD問わず大量出品いたしました。
さらに多数追加出品いたしました。是非ご覧ください。

9/1(金)20時出品予定。
76