3/15(金) フュージョン&コンテンポラリー LP特集

前回に引き続き、ジャズギター強化月間の第三弾!
今回は、フュージョン&コンテンポラリーLP特集を開催中です!

1960年代後半ラリーコリエルやジョンマクラフリン等によってジャズロックが誕生、そしてジェフベックのギターインストの世界的大ヒット、その影響によってパットメセニー、リーリトナー、アルディメオラ、アランホールズワース、アールクルー、ロベンフォード等、そうそうたる面子が一斉にソロデビューを果たした1976年。まさに、クロスオーバー全盛期。ギターがジャズの主役になった、ジャズギター黄金時代。

その後の1980年代以降のフュージョンは、まさにギターが作ったジャンルといっても過言ではないでしょう。ジャズロック然り、クロスオーバー然り、フュージョン然り、コンテンポラリージャズ然り、常にギターはジャズの中心であり続け、ある意味、いつの時代もギターがジャズを更新してきた?と言っても過言ではないかも知れません。

...ということで、
今回は、そのクロスオーバー〜フュージョンの定番名盤からコンテンポラリージャズ希少盤まで幅広くご用意いたしました!パットメセニーの最難関盤、ビルフリゼールの初期激レア盤、テリエリピダル限定トリビュートBOX、ロベンフォード希少盤、バリーフィナティーの国内オンリー盤、ジョンマクラフリン諸作、ビルフリゼール参加のポールモチアン希少盤、ヤコブブロ希少盤、ルイスチュワートのフュージョン作品、クルセイダーズに参加したロイゲインズ、アランホールズワース諸作、日本が世界に誇るギタリスト渡辺香津美などなど…

掲載品以外にも少々追加出品いたしました。是非ご覧ください。

3/15(金)夜20時出品予定。
54