限定カラーヴァイナル仕様!ベンハーパーの2020年ギターインストアルバムがアナログ盤で入荷!■Ben Harper / Winter is for Lovers [Anti- / 87777-1]

限定カラーヴァイナル仕様!ベンハーパーの2020年ギターインストアルバムがアナログ盤で入荷!■Ben Harper / Winter is for Lovers [Anti- / 87777-1]

販売価格: 2,800円(税込)

在庫1
数量:

商品詳細

■新品/輸入盤/Limited Edition/Colored vinyl。
■盤質/ジャケット:S 未開封品。

Ben Harperがニュー・アルバム『Winter Is For Lovers』(ANTI- Records)を発表します。このソロ・アルバムは、ハーパーと彼のラップ・スティール・ギター(Monteleone)だけで構成された15曲入りの作品で、シンフォニーをイメージしたオリジナルのインストゥルメンタル曲が収録されています。1994年のデビュー以来、音楽的な境界線を押し広げてきたハーパーは、そのキャリアを通じて、ラップ・スティール・ギターが彼の独特のサウンドに多大な役割を果たしてきた。しかし、彼のラップ・スティール・ギターへの尊敬の念と、それをマスターしていることをこれほどまでに純粋に表現したアルバムはありませんでした。

瞑想的で影響力のある「Winter Is For Lovers」に収録されている音楽は、ハーパーのDNAに深く根付いており、1950年代に祖父母が開いた影響力のあるカリフォルニアの楽器店「The Folk Music Store」に直接遡ることができます。この店には、ソニー・テリー、ブラウニー・マクギー、ゲイリー・デイビス牧師、ドク・ワトソン、ジョン・フェイヒーなど、あらゆる分野の著名人が訪れていました。 ハーパーは子供の頃からこの店で働いていましたが、ライ・クーダー、レナード・コーエン、タージ・マハール、デヴィッド・リンドレー、ジャクソン・ブラウンなどの象徴的なプレイヤーのためにギターの弦を張ったこともありました。

『Winter Is For Lovers』は、レオ・コッケと前述のジョン・フェイヒーによって開拓されたアメリカの原始運動を哲学的に探求しています。それはハーパーが母親のレコード・コレクションの中でブルース、ハワイアン、クラシック・ギターのマスターを聴きながら育った音楽と渦巻いています。 彼は早くからスライドギターの独特の響きに惹かれ、スライドマスターのタージ・マハールからフィンガーピッキングを学び、後にニッティ・グリッティ・ダート・バンドのクリス・ダロウに師事しました - ハーパーの生涯に渡って大きな影響を与えたラップ・スティールの名手です。

ハーパーがアルバムの一部を作曲している間、彼は『Infinite Jest』を読んでおり、ウィンターはこの本のユニークな物語構造に深く影響を受けています。ハーパーは、作家のデビッド・フォスター・ウォレスが一連の短編小説を融合させて大きな物語を作っていることを知ったとき、彼は、彼の心の中に特別な場所を持っている世界中の場所にちなんで名付けられた、そしてインスピレーションを受けた一連の作品を融合させた「Winter Is For Lovers」となる作品にも同じような可能性を感じました。

ハーパーは言います。
「これは私にとって初めてのインストゥルメンタル・アルバムです。 私と私のラップ・スティール・ギターだけで構成されています。 まるであなたのリビングルームで演奏しているかのような、親しみやすくて惜しみのないサウンドになるように意図的に制作されています。 最初に聴いたときは驚くかもしれません。現代の多くの曲とは対照的に、劇的に削ぎ落とされているので、人によっては驚きを感じてしまうかもしれません。
私はフラメンコ、クラシック、ハワイアン、ブルースギターの大ファンで、これらの影響がこのアルバムに表現されていることを願っています。
私は大人になってからずっと作曲をしてきましたが、このアルバムが私に与えた挑戦は全く新しいものでした。 ギター1本と言葉を使わず、一つ一つのニュアンスを顕微鏡で観察しながらアルバム全体を録音するというのは、これまでに作ったどのアルバムよりも要求が高く、やりがいもあったのです。」

ベン・ハーパーはグラミー賞を3回受賞しており、これまでに7回のノミネートを受けている。 彼はメイヴィス・ステイプルズ、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ、ナタリー・メインズ、リッキー・リー・ジョーンズなどのアルバムをプロデュースしてきた。 彼の愛する曲は何億ものストリームを記録しており、世界で最も有名な会場やフェスティバルのステージでヘッドライナーを務めています。ハーパーの前のフル・アルバム作品のリリースは2018年のグラミー賞にノミネートされた『No Mercy In This Land』で、ハーモニカ界のレジェンドであるチャーリー・マッセルホワイトとレコーディングした2枚目のアルバムとなっています。2016年、ハーパーと彼の長年のバンドであるThe Innocent Criminalsは、アトランティック紙で「素晴らしい」と評価された『Call It What It Is』で帰ってきてもいます。長年の活動家であるハーパーは、警察の残虐性に立ち向かうためにこのアルバムを制作しました。

A1 Istanbul
A2 Manhattan
A3 Joshua Tree
A4 Inland Empire
A5 Harlem
B1 Lebanon
B2 London
B3 Toronto
B4 Verona
B5 Brittany
B6 Montreal
B7 Bizanet
B8 Toronto (Reprise)
B9 Islip
B10 Paris

Facebookコメント