フォーキー・ポップ、ジャズ、ブラジル音楽を横断する音楽性で活動するドイツのトリオ2022年作がアナログ盤で入荷!■Luah / Mo Vi Ment [Ladies & Ladys / LLL004LP]

フォーキー・ポップ、ジャズ、ブラジル音楽を横断する音楽性で活動するドイツのトリオ2022年作がアナログ盤で入荷!■Luah / Mo Vi Ment [Ladies & Ladys / LLL004LP]

販売価格: 4,200円(税込)

在庫1
数量:

商品詳細

■新品/輸入盤。
■盤質/ジャケット:S 未開封品。

フォーキー・ポップ、ジャズ、ブラジル音楽を横断する音楽性で活動するドイツのトリオ2022年作がアナログ盤で入荷!

ジョニ・ミッチェルやベッカ・スティーヴンスのみならず、ブラジルのトロピカリスモ/トロピカリアから影響を受け、フォーキー・ポップ、ジャズ、ブラジル音楽を横断する音楽性で活動するドイツはケルンのトリオ、Luahの2022年リリースの2ndアルバムを取り扱い。ギター、パーカッションと三声のヴォ―カリゼーションによるアンサンブルが美しい。まさにベッカ・スティーヴンスがグレッチェン・パーラト、レベッカ・マーティンと結成したTilleryと、サウンドの志向性を同一にするグループだといえるだろう。グループ名のLuahとは、ポルトガル語で月を意味し、かつそれが女性名詞であるLuaにグループのメイン・ソングライターであるElsa Johanna Mohrが、自身の名前に含まれるhを加えたとのこと。

ちなみに、ギターのUla Martyn-Ellisはネルス・クラインに師事し、ヴォーカルのElsa Johanna Mohrはベッカ・スティーヴンス、ダン・ワイスのワークショップに参加したこともあるようだ。また、Elsaはブラジル留学経験もあり、なんとエヂ・モッタのバックバンドでコーラスを務めたこともあるとのことだ。ボサノバのエッセンスが入っていたりポルトガル語の曲が収録されていたりと、ジャズファンのみならず、ブラジル音楽ファンにこそ聴いていただきたいグループだ。なお、この新作は、チリー・ゴンザレス、オマール・ソーサ、ドミニク・ミラーも録音したことで知られるドイツの名スタジオ、Fattoria Musicaでレコーディングされている。

A1.Na Beira Do Mar
A2.You Pulled Me In
A3.Deeply Blue
A4.Água Pelas Raizes
A5.In The White
B1.Saudade
B2.Fading Beauty
B3.Celebração
B4.Answer

Elsa Johanna Mohr (Vocals, Ukulele, Percussion, Composition)
Lena-Larissa Senge (Vocals, Synthesizer, Glockenspiel, Percussion)
Ula Martyn-Ellis (E-Guitar, Vocals)

Facebookコメント