2/14(金) ジャズギター CD特集

只今、CDによるジャズギター特集を開催中です!

「ジャズにおける唯一の伝統は、常に新しいものを取り入れて進化し続けてきたこと」と、ある大物ジャズメンが語ったように、多様性と柔軟性を兼ね備えてこそ、ジャズ本来のあるべき姿なのではないだろうか。

どうしてもジャズというと「モダン」「4ビート」という固定観念が何処かにあったが、実は、それはロックで言うところのオールディーズであり、現代ジャズの本流ではない。

かつてアランホールズワースがインタビューで「僕のようなサウンドでジャズをやってもいいんじゃないか」「僕の音楽はジャズであるけど、リスナーにそうとは気づかれていない…」と語ったように、ジャズギターのスタイルや奏法も同様で、昔はご法度だった歪み系エフェクトやチョーキング、アーム奏法、そして打ち込みやシンセ等も、今では当たり前に使用されるようになり、時代と共に、ジャズの定義も、ジャズギタースタイルの定義も大きく変化してきたのは言うまでもありません。

今回は、そんな常に新しいジャズ(音楽)に挑戦し続けるミュージシャンたちを中心に、ご紹介して参ります!
レア廃盤から新品中古品問わず多数出品いたしました!是非ご覧ください。

2/14(金)夜20時出品予定。
61